32型シアター

32型のテレビで見た映画とその周辺のブログです。

スパイ・レジェンド/The November Man

 

 

 

 

作品情報


スパイ・レジェンド [DVD]

 

 スパイ・レジェンド/The November Man
 2014年 アメリ
 時間:108分
 ジャンル:アクション&アドベンチャー、ミステリー&サスペンス Rotten Tomatoesより


 監督:ロジャー・ドナルドソン
 ピーター・デヴェロー:ピアース・ブロスナン
 デヴィッド・メイソン: ルーク・ブレイシー
 アリス・フルニエ :オルガ・キュリレンコ

 

あらすじ

 ザ・ノヴェンバー・マンというコードネームを持ち、さまざまなミッションを遂行してきた伝説的CIAエージェントのピーター・デベロー(ピアース・ブロスナン)。スイスで引退生活を送っていた彼だが、かつての仲間たちが何者かに殺害されているのを知って彼らを守ろうと動きだす。だが、元同僚で愛していた女性を殺され、その犯人が自分がかつて教育してきた現役エージェントであることを知る。彼と壮絶な戦闘を続けながら、事件の全体像をつかもうとするデベロー。やがて彼は、ロシア大統領選をめぐる陰謀の存在にたどり着く。

                            シネマトゥデイ

日本と世界の評価

評価

 Yahoo!映画:3.42 評価480件   2019/3/10
 IMDb6.3(評価5換算:3.20) 評価58758件 2019/3/10
 Rotten Tomatoes 2019/3/10
  TOMATOMETER:35% 評価126件
  AUDIENCE SCORE:46% Average Rating:3.2 評価20017件
 Metascore:38

 Yahoo!映画とIMDbとRotten Tomatoes:AUDIENCE SCORE

 単純平均評価:3.27

評価まとめ

 良い評価:ピアース・ブロスナンがかっこいい、007より良くできてる、派手さはないが、リアルなアクション、テンポの良い王道スパイ映画

 悪い評価:アクションにキレなし、古いタイプの映画、すっきりしない

 

 評価が割れている感じ。IMDbで見ると6と7の評価で約60%5評価換算で3と3.5で半数以上なので平均的だが、Rotten Tomatoes、Metascoreは低いし、Yahoo!映画をレビューお役立ち順に並べると、2ページ目までで3評価は1つだけ評価ほど平均的に感じてる人が少なく、面白いと今一つに分かれている。

 

感想

 評価まとめで評価が割れてると書きましたが、自分も評価はいまいちでした。
なんかあまり話が入ってきませんでした。
これは自分の集中力の無さや感受性が足りない問題もあるのでしょう。
こういう映画の感想はつらいですが、自分の弱点と向き合って頑張って書いていきたいと思います。


まずピアース・ブロスナンですが高評価するレビューが多かったです。
5代目ジェームズ・ボンドですが、私は全く思い入れが無く割とフラットに見れたとは思うのですが、あまり魅力を感じなかった。
まず二枚目すぎる。私の中では大きなポイントです。特に50を超えて二枚目だと感じる役者はそれだけで私的に大きくマイナスです。


昔見た漫画の中のセリフで「二枚目を差別するわけではないが、奴らは圧倒的にカスが多い。小さいころから良い目に合いぱなっしじゃ、男を磨く動機が芽生えないから。」とても影響を受けた漫画なので今でも自分の価値観を構成している部分は大きい。
俺もいつかは男を磨いて、ロバートデニーロやサミュエルLジャクソンの様なやばいおっさんになろうと思ったものです。


でも生きてきて思うのは20代30代はまだ修行中、二枚目でも山あり谷ありだからまだ許容できるけど50を過ぎて二枚目はこの物差しを諸に受ける年代。
まさに男の顔は履歴書。だから50を過ぎて二枚目の役者はあまり好きではない。まあ軽薄、ボンボンという役柄なら良いが、凄腕のプロフェッショナルなんて役は違和感しかない。


まあ自分も男を磨いてきたつもりが、今では老けたくない、若く見られたいとなんともつまらんおっさんになってしまいました。修行が足らんな。
二枚目、凄腕、プロフェッショナル、この役柄をピアース・ブロスナンが演じる自分的に見ていて引っ掛かりしかありません。
ピアース・ブロスナンが二枚目だからという理由で評価を下げるなんて頭おかしいと思われるかもしれませんが頭のおかしいブログという事で-0.3で2.97点を評価点とします。

 

                       評価  2.97点