32型シアター

32型のテレビで見た映画とその周辺のブログです。

俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!/THE CAMPAIGN 

 

 

 

 

作品紹介


俺たちスーパー・ポリティシャン 目指せ下院議員!(字幕版)

 俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!/THE CAMPAIGN
 2012年 アメリ
 時間:86分
 ジャンル:コメディ Rotten Tomatoesより


 監督:ジェイ・ローチ
 カム・ブレイディ:ウィル・フェレル
 マーティ・ハギンズ:ザック・ガリフィアナキス
 ミッチ・ウィルソン:ジェイソン・サダイキス

 

あらすじ

2012年、ノースカロライナ州の下院議員ブレイディは再選を狙っていたが、選挙前に人妻との不倫が発覚し支持率が急降下してしまう。ブレイディを支援してきた富豪の実業家モッチ兄弟は彼を見捨て、お人好しの新人ハギンズを対立候補に仕立てあげる。強力な選挙アドバイザーのおかげで徐々に人気を獲得していくハギンズに焦りを感じたブレイディは、様々な手でハギンズを妨害しようとするが……。

                             映画.com

日本と世界の評価

評価

 Filmarks:3.2 評価-件   2019/4/15
 IMDb6.1(評価5換算:3.12) 評価118275件 2019/4/15
 Rotten Tomatoes 2019/4/15
  TOMATOMETER:66% 評価203件
  AUDIENCE SCORE:51% Average Rating:3.3 評価123085件
 Metascore:50  

 FilmarksとIMDbとRotten Tomatoes:AUDIENCE SCORE

 単純平均評価:3.21

評価まとめ

 良い評価:馬鹿馬鹿しく面白い、ぶっ飛んでて笑える、社会風刺画効いてる

 悪い評価:下品、受けつけない、半分見れなかった

普通の評価でしょうか。Yahoo!映画はこの映画無かったのでFilmarksを使わせてもらいました。日米差も男女差もあまりなくまんべんなく普通の評価でした。

感想

評価を見ると普通の評価が多いですね。でもFilmarksの感想とか見てると肯定的な普通の評価が多かったかな。


日本とアメリカのお笑いを比べると、日本の笑いの方がレベルが高いと思います。それは日本の繊細さが影響してるからだと思います。
だから日本では言い間違いや、噛んだだけでも笑いになったりする。そんな小さな面白みを見逃さず大げさにしてネタにしたりする。
そして観客もそんな繊細さの下地があるからそんなネタを笑える。


一方アメリカは移民国家、多人種国家もっと大雑把です。
片言の人やいろんななまりの英語があちこちで聞こえてくるような環境。
RとL、BとV発音が違うだけで意味が全く変わってきてもいちいち反応しません。


滝沢カレンやボビーオロゴンは日本では圧倒的少数だからバラエティで重宝されるけど、日本の10%以上があんな頓珍漢な日本語をしゃべっていたら誰も気にしなくなると思います。お笑いの質が日本とアメリカで違うんです。


アメリカの方が単純、分かりやすい、大雑把です。だから下品も大好きです。
ではこの映画のお笑いはどういうお笑いかというと小粋なアメリカンジョークそんなお笑いではありません。
理解不能、テンション高め、大雑把な大馬鹿野郎。そんな登場人物しか登場しない映画です。
アメリカ人のお笑い観にわかりやすい形で応えてくれるアホの爆発。


そしてこの映画、舞台がアメリカなのでツッコミが存在しません。ボケにボケを重ねていく無間地獄。だれもツッコみません。
それが日本のお笑いをバックボーンに持つ自分にはとてもシュールな世界観でとてもツボにはまりました。


例えばカム・ブレイディ現職下院議員が対立候補のマーティ・ハギンズがひげが生えてることに難癖をつけます。
アルカイダタリバン、テロリストはひげが生えている。だからマーティはテロリストではないか。9.11のアリバイを提出しろ。
もう言ってること滅茶滅茶です。ですが誰もツッコみません。
そして有権者がこの発言に大歓声。有権者もアホです。
次にマーティの反論はイエスキリストもひげが生えてるです。
マーティはツッコまずに乗っかります。
そして有権者は大歓声。
一事が万事こんな感じ。


画面に映っている人が誰もツッコまない。この異様な世界観がとてもシュールで自分のツボにはまります。
マーティの選挙参謀でティムを演じるのはディラン・マクダーモット
シリアスで凄腕でケンカが強いそんな役の多いディラン・マクダーモットそのまんまの雰囲気でこの異様な世界観に入ってきます。


画面に出てるだけでなぜかジワジワ来る私。案の定、期待通りティムはその世界観を壊すようなツッコミは入れません。シリアスな雰囲気そのままで言ってることは滅茶苦茶です。飼ってるパグは中国の犬だから共産主義者に思われる、ゴールデンレトリーバーとラブラドールを飼え。シリアスな顔でアホ選挙参謀


アホ、ダイナミック、お下劣そんなボケがツッコまれることなく放たれ続ける。そんな映画です。
アメリカ白人の本領発揮です。


評価で風刺が効いてるとありますが、どうでしょう。でもトランプ大統領誕生は似てるものがあるかも。ツッコミどころ満載なのにツッコミより熱狂、そして盛り上がりそのままに大統領誕生。あれもアメリカ白人が主導してたな。


時間も86分と短くコンパクトにまとめられてるので見やすいです。初めの10分を楽しめるようならそのまま見てください。
子供や家族とは見ないほうが良いかもしれません。下品なので。
付き合いたてのカップルもあまりお勧めしません。付き合いたての相手の前でこれ見て笑うのは自分的には抵抗あります。見損なわれそうで。
色々問題はありますが楽しめたので+0.3点で3.51点とします。

 

                       評価  3.51点