32型シアター

32型のテレビで見た映画とその周辺のブログです。

リベンジ・マッチ/Grudge Match

 

f:id:theater32:20190618122222j:plain

作品紹介

 

 

 リベンジ・マッチ/Grudge Match
 2013年 アメリ
 時間:113分
 ジャンル:コメディ、ドラマ、スポーツ IMDbより 

 

 監督:ピーター・シーガル
 ビリー・“ザ・キッド”・マクドネン: ロバート・デ・ニーロ
 ヘンリー・“レーザー”・シャープ: シルヴェスター・スタローン
 ダンテ・スレート・Jr.: ケヴィン・ハート

あらすじ

1980年代初頭のピッツバーグ。お互いにすさまじい対抗心をむき出しにし、チャンピオンを目指して連戦連勝を重ねてきたボクサーのヘンリー・“レイザー”・シャープ(シルヴェスター・スタローン)とビリー・“ザ・キッド”・マクドネン(ロバート・デ・ニーロ)。ついに決勝戦を迎えることになった二人だが、試合前夜にヘンリーが突然の引退を表明してしまう。多くの謎を残した上に、決着もつかないまま30年が経過。プロモーターのダンテ・スレートJr.は、彼らに再びリングに上がって雌雄を決するファイナルマッチをオファーする。

                             シネマトゥデイ

日本と世界の評価

評価

 Yahoo!映画:3.41 評価359件   2019/6/18
 IMDb6.4(評価5換算:3.27) 評価54115件 2019/6/18
 Rotten Tomatoes 2019/6/18
  TOMATOMETER:31% 評価138件
  AUDIENCE SCORE:46% Average Rating:3.24 評価36009件
 Metascore:35  

 Yahoo!映画とIMDbとRotten Tomatoes:AUDIENCE SCORE

 単純平均評価:3.31

評価まとめ

 良い評価:豪華キャスト、ドリームマッチ、最高、

 悪い評価:良い思い出が台無し、主演の小遣い稼ぎ映画、つまらん

評価は普通ぐらいでしょうか。評論家の評価が凄く低いです。年配ほど評価が高いかと思いきやそうでもないです。

感想

評価は普通ぐらいですね。でもアマゾンでの評価は高いです。ロバートデニーロとシルヴェスター・スタローンは共にその昔ボクシング映画で主演していたので懐かしむ人が多いのでしょう。馬場と猪木みたいなものでしょうか。
確かスタローンは当時ヘビー級でデニーロはミドル級だったと思います。
今作は若いころにライトヘビー級でしのぎを削った二人の30年後の決着というストーリです。
そう考えるとスタローンは少し縮んだのかな、そしてデニーロは膨らんだのかな。大分歳とりましたね。


賛否が分かれる結果になっていますね。私としてはまあ良かったかな。
ハリウッドで年に一回ぐらいこんなお祭りの様なハリウッド版ウィ・アー・ザ・ワールド的な映画を作りますよね。コメディなのであまり真剣にツッコむような映画ではありません。
若いころの二人のリングでの映像はそれぞれの主演映画の映像を使っているらしいです。ファンにはたまらないかもしれませんね。


そんな二人のセルフパロディ的な要素があちこちにちりばめられていてニヤッとしながら見るのが正しい視聴の仕方かもしれません。
デニーロのレイジングブルも見たと思うのですがそれほど思い出せませんがロッキーは印象的なシーンが多いので思い出すことが多かったです。
例えば生卵の一気飲みだったり、精肉工場みたいなところで精肉をどつこうとしてトレーナーに不衛生だと止められるシーンだったり。


ストーリーも予想通りに進むし、そんな振り返って説明するようなストーリーでもありません。ただ所々にある仕掛けと二人の存在感だけを楽しみに見てください。
最後の試合のシーンも見る前からどうせフルラウンド戦うんでしょと思いながら見ていたらしっかりとフルラウンド戦ってくれます。
プロ野球OBの試合を楽しめる人には楽しめる映画だと思います。
豪快なホームランも無いし、乱闘騒ぎが起こることも無い、真剣さはあまりないかもしれないけど往年の対決が見れる。そんな映画です。
エンディング後にはタイソン、ホリフィールドが出てくるおまけもあります。
評価3.31点ですが、それぐらいだと思います。

 

                                                                               評価  3.31点