32型シアター

32型のテレビで見た映画とその周辺のブログです。

なんちゃって家族/We're the Millers

f:id:theater32:20190820220541j:plain


 

作品紹介

 なんちゃって家族/We're the Millers
 2013年 アメリ
 時間:110分
 ジャンル:コメディ、クライム IMDbより 

 

 監督:ローソン・マーシャル・サーバー
 ローズ・オライリージェニファー・アニストン
 デヴィッド・クラーク:ジェイソン・サダイキス
 ケイシー・マシス:エマ・ロバーツ

あらすじ

麻薬密売人デヴィッド(ジェイソン・サダイキス)はマリファナと金を奪われ、その穴を埋めるためにメキシコから麻薬を運ぶことに。隠れて麻薬を運ぼうと策を講じたデヴィッドは、家族旅行に見せ掛けることを思い付く。元ストリッパーのローズ(ジェニファー・アニストン)、童貞の青年ケニー(ウィル・ポールター)、万引き常習犯ケイシー(エマ・ロバーツ)と共にキャンピングカーでメキシコへ向かう。

                             シネマトゥデイ

日本と世界の評価

評価

 Yahoo!映画:3.95 評価594件   2019/8/20
 IMDb7.0(評価5換算:3.60) 評価370940件 2019/8/20
 Rotten Tomatoes 2019/8/20
  TOMATOMETER:48% 評価154件
  AUDIENCE SCORE:72% Average Rating:3.80 評価160590件
 Metascore:44  

 Yahoo!映画とIMDbとRotten Tomatoes:AUDIENCE SCORE

 単純平均評価:3.78

評価まとめ

 良い評価:下品だけど笑える、少し感動、キャストが良い、最後のメイキングも良かった。

 悪い評価:下品、犯罪が気になる、高評価に疑問

評価高いですね。モラルを気にする人はあまり受け付けないみたいです。その割に日本の方が評価が高い珍しい現象です。Rotten Tomatoesでは評論家の評価が低いのに一般視聴者は評価高めです。評価差が結構ありますね。下品なので女性評価が低いかと思いきや0.1高かったです。

感想

評価は高いですね。確かに軽く見れて面白かったです。
主人公のデヴィッドは麻薬の売人という設定なんですが、犯罪を犯している重たさはありません。
大学の仲間内で大麻を売り歩いていた青年がそのままおっさんになったような軽さです。そんな風に軽く生きていたのにホームレスの少女ケイシーを街の不良から助けた時に逆に襲われて売上金とマリファナを奪われてしまいました。
元締めのブラッドからメキシコからの密輸を強要されるのですが、自分のようなフーテンがメキシコ国境を通ったら怪しすぎるという事で偽装家族を作り上げます。


ホームレスの少女ケイシーには千ドルで、同じマンションのローズには3万ドルで童貞初年ケニーにはお金を払わずこの偽装家族のミラー家を結成します。
この4人によるメキシコ密輸入の珍道中の物語です。
デイヴィッドは売人、ローズはストリッパー、ケイシーは家出少女、ケニーは童貞少年。


デヴィッドは行き当たりばったりの出たとこ勝負の超適当男。
ローズは家賃滞納の上、彼氏には騙され素寒貧のストリッパー。ローズ役のジェニファー・アニストンなんですがデヴィッド役のジェイソン・サダイキスより7歳年上。
若くて綺麗ですね。脱ぎませんが結構セクシーなダンスを披露してくれます。
しかも童貞少年ケニーにはケイシーと共にキスのレクチャーをします。
ケイシーとローズに交互にキスをする童貞少年。刺激強すぎませんか。
当時44歳のローズと20歳のケニー。なんかすごいですね。ジェニファー・アニストンにはいつまでも女子力全開で頑張って欲しいです。
ケイシーは家出少女で友達の家を渡り歩いています。
童貞少年は問題では無いように思うのですが。かといってこの家族の中でまともな発言で調整をしていくツッコミ役ではありません。
アメリカ映画特有のツッコミがないまま進んでいく、ボケ垂れ流し映画です。


他の人の評価でもある通り結構下品です。下ネタも満載で受け付けない人には受け付けないかもしれません。
でもボケ連発というよりはシチュエーションに巻き込まれるという感じです。
例えば麻薬密輸中なのに麻薬取締官の家族と仲良くなるとか。
ハラハラドキドキの展開なのにぶっ飛び家族なのでボケで返す。その珍道中を繰り返す中で絆が深まっていくみたいなストーリーになっているので見た後に元気が出ます。
そこら辺がちょっと暖かいストーリーという評価につながっていると思います。


本当の家族だと、こうなって欲しいとか、もっと愛されたいとか、家族だから踏み込みすぎてる部分があるのかもしれません。
家族という事で甘えてる部分を別人格なんだと一線を引いて尊重することで上手くいくこともあるのかなと。
ミラー家を見ていて少し思いました。
評価は3.78点と高すぎなので-0.2点で3.58点とします。

 

                       評価  3.58点